包茎だからって心配するな!すぐ問題解決!

包茎にはいろいろな種類がある!

包茎には、大きく分けて2種類の包茎が存在します。真性包茎と仮性包茎です。真性包茎は、皮が被った状態のままで、亀頭部分が露出していない状態です。よって性行為はもちろんのこと、無理矢理行うと相手も大変ですし、亀頭部分の衛生状態が良くないために病気も発症する可能性があります。そのため必ず手術が必要です。仮性包茎は、状態にもよりますが、勃起時や手で皮を剥くことができる状態が多いために性行為は、問題ありません。ただし、亀頭部分が完全に露出しない場合は手術が必要です。

どんな治療を行うの?

さて、包茎の治療方法ですが、簡単に言うと余分な皮を切除して亀頭部分を露出させる治療というか手術です。方法としてはいたって簡単で余分な皮を、レーザーメスなどで切除すれば終了です。入院なども必要なく、その日に退院できます。レーザーメスで行うために痛みもありません。術後は、経過観察のために数回通院が必要な程度です。大変なのは、術後に亀頭部分が露出しているために肌着などが触れて亀頭部分が痛いほうが大変です。馴れるまでは1か月ぐらいかかります。

日本人は皆、包茎かも?

何と、日本人の多くは実は包茎なのです。統計的には半分近くが包茎と言われています。もちろん、真性包茎と仮性包茎を合わせての統計です。よって、性行為などするときは、意外と女性側も仮性包茎であれば、思っている以上に気にはしていません。ただし、仮性包茎の場合は、常に皮を被った状態が多いために、臭いを発することがあります。常に清潔にする意識が必要です。また、挿入時は、余分な皮が巻き込むこともあるために注意も必要ですよ。

包茎には様々なタイプが存在していますが、亀頭の露出が困難な場合には、医師の診断を受けた上で手術を行う必要があります。