注目!自宅に太陽光発電システムを導入する際に知っておきたいこと

太陽光発電システムの工事費について

自宅に太陽光発電システムを取り入れるには、費用負担が発生します。工事費の相場としては1kWあたり40万円程度で、平均容量の4.9kWの場合は200万円ほどの費用負担となります。決して安くは無い金額ですので、中々一般家庭では導入が進みませんが、太陽光発電システムは設置後にどんどん工事費用の200万円を回収して行けますので、長い目で見れば得することになります。また自治体から補助金をもらえる場合もありますので、出費を抑えて導入することが可能です。

導入費用の支払について

太陽光発電システムの導入費用の支払は、一括での支払いだけでなくソーラーローンを活用した分割払いも可能です。可能ならば一括で支払った方が、手数料負担も必要有りませんので最も得策ですが、多くの方がソーラーローンを利用されています。ソーラーローンを利用すれば月々の支払を5,000円程度に抑えることも可能です。5,000円程度でしたら毎月の売電収入で賄うことも不可能では有りませんので、月々の負担無しで太陽光発電システムを導入することが可能です。

業者選びは慎重に行う

太陽光発電システムを導入する場合は、業者選びも重要となります。太陽光発電システムの設置は、屋根の向きや大きさなどによって設置方法が変わって来ますので、基本的に全てオーダーメイドとなります。ですので、実績のある業者の方が、様々な屋根のタイプに対応出来る為、安心して任せることが可能です。中には、自社で施工せずに外注する業者もいますが、何らかのトラブルが発生した場合にその業者自身では再施工することが出来ませんので、事前に確認しておくことが大切です。

太陽光発電は自然エネルギーの一つで半永久的に使用出来ます。また、二酸化炭素など有害者質が廃疾されないのがメリットです。